横浜・神奈川とインドとのビジネス、文化、観光など幅広くサポートします。

一般社団法人 横浜インドセンター

〒231-0023 横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル2階

営業時間

9:00~17:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

トップページ

◆トピック

インド経済動向

・アジアに巨大病院網 マレーシアのIHH、印中に照準
 (7月19日 日本経済新聞)

・インド6月の新車販売、38.5%増 新税導入に伴う販売減の反動で
 (7月10日 日本経済新聞)

インド食品宅配ネット3強競う スマホ普及、便利さ売る
 (7月5日 日本経済新聞)

・APTA加盟5カ国からの輸入関税を引き下げ
(インド、韓国、スリランカ、中国、バングラデシュ、ラオス)
 (7月2日 日本貿易振興機構)

グラジャート商工会議所が「ジャパンデスク」を設置
 (6月29日 日本貿易振興機構)

◆おしらせ

横浜インドセンター セミナー・イベントのおしらせ(2018.7.20更新)

◆8月23日(木)  インドセミナー
                    「インド駐在の生活と実情について」

◆9月中旬    インドセミナー 
                    「(仮称)人材雇用と社内規定整備、昇給率の決定」

◆9月中旬   Study of India!2018 
       「(仮称)アーユル・ヴェーダの話」

◆10月中旬  インドセミナー 
                    「(仮称)会計税務の概要と月次経営戦略書作成」

◆11月中旬  インドセミナー 
                    「(仮称)内部統制とインド法律の最新通達」

インド企業との合弁、技術提携、販売・購入の情報


インド企業との合弁、技術提携、技術供与、インド製品の販売、日本製品の購入など、おもに募集情報を紹介しています。

横浜市ムンバイ事務所からのおしらせ

◆アンドラプラディシュ州工業団地スリシティが入居企業を募集
タミルナドゥ州チェンナイのすぐ北にあるアンドラプラディシュ州の工業団地スリシティは、南インド最大級の工業団地です。現在スリシティでは入居される企業を募集しています。詳細は下記PDFをご覧ください。

お問合せはSri City (http://www.sricity.in/jp/contact.html)まで

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。

◆ムンバイ日本人学校が生徒を募集
ムンバイ北部郊外のポワイにある日本人学校が生徒を募集しています。ホワイは日本人が多く住む非常に環境がよい地域です。学校はきれいなビルの中にあり、優秀な先生方が揃っていて、きめ細やかな教育を受けることができます。

お問合せはムンバイ日本人学校 (http://japanese-school-of-mumbai.jimdo.com/)まで

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。

昨年12月、神奈川県では、県内中小企業の海外での事業展開を支援するため、三井住友海上火災保険(株)と協定を締結しました。

この協定締結の一環として、三井住友海上火災保険(株)が提供する海外におけるリスク情報を神奈川県のホームページに掲載しています。

神奈川県ホームページ http://www.pref.kanagawa.jp/div/0616/

◆会員向けサービス

ビジネスマッチングを希望する企業のバックアップ

ビジネスマッチング情報を随時メールでお知らせします。インドから日本へ、日本からインドへ、横浜インドセンターから情報を随時発信します。

 

インド関係書籍の貸し出し

インドに関する書籍(一部)

横浜インドセンターでは、インド企業と日本企業の交流を深めるため、これまで、独自に購入したり、寄贈を受けた書籍を通して情報提供しています。閲覧は自由です。

インドセンターではこれまで、独自に購入したり、寄贈を受けた書籍を多数保有しています。
インドの税務、法務関連や一般教養、美術関連など多様な書籍が揃っています。会員には貸し出しをおこなっておりますので、事務局にお気軽にお申し付けください。

 

<図書一例>
◇「インドビジネス最前線」TMI総合法律事務所編集
◇「不思議の国インドがわかる本」 島田卓著(廣済堂出版)
◇「デリー勤務を命ず」 繁田奈歩著(日経BP)
◇「インド人の力」 山下博司著(講談社現代新書)
◇「海外税務ケース・スタディ」 グランドソントン太陽ASG税理士法人編集(税研)
◇「日本人が理解できない混沌の国インド」 帝羽ニルマラ純子著(日刊工業新聞)
◇「インド国立博物館」 世界の博物館シリーズ(講談社)
◇「世界の美術全集 インド」(角川書店)
◇「インドのひみつ」 まんがでよくわかるシリーズ(学研)

 

横浜インドセンターの3つの特徴

当センターの3つの特徴についてご紹介します。

会員による基本運営

横浜インドセンターは、企業、個人などからなる会員のみなさまの支援が基本となり、運営されています。

各種団体による事業活動支援

横浜インドセンターは各種団体の支援により、円滑に事業活動を継続しています。

・神奈川県 ・横浜市 ・横浜商工会議所 ・日本貿易振興機構  ・(公財)神奈川県産業振興センター ・(公財)横浜企業経営支援財団 ・(公社)横浜貿易協会など

インド経済団体との提携

インド商工会議所連合会(FICCI)、インド商業会議所(IMC)、ケララ州商工会議所(INJACK)と提携する旨の覚書を締結し、神奈川・横浜地域とインドとのビジネス・経済交流を、効果的に展開していくための連携体制をとっています。

インド各地の観光パンフレットあります。

インド政府観光局提供のインド各地の観光パンフレットを取り揃えています。
横浜インドセンター事務室前に配架してますので、パスポートセンターにおいでの際は、インドセンターにお立ち寄りください。無料で配布しています。

横浜インドセンターが提供するサービス

当センター相談員によるインドビジネス相談会を、
年間1~2回開催しています。また個別のご相談も受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。

インドビジネス、文化、観光に関するセミナーを毎月開催しています。会員はもちろん非会員の方もご参加できます。

横浜インドセンターに入会いただいている企業様を紹介します。

 横浜インドセンター

お問合せはお気軽に

インドビジネスに関しての
お問合せはこちらからどうぞ

お客さまの声

親身に対応してくれた

(写真はイメージです)
ビジネス相談会に参加のI
「ロイヤリティ契約に関する疑問点がすべてクリアになりました」

有意義なセミナーでした

(写真はイメージです)
インドセミナーに参加のK様
「わかりやすい解説なので、インドビジネスの具体的なイメージが持てました」

一般社団法人
横浜インドセンター

住所

〒231-0023
横浜市中区山下町2
産業貿易センタービル2階 かながわグローバルビジネスセンター内