横浜・神奈川とインドとのビジネス、文化、観光など幅広くサポートします。

一般社団法人 横浜インドセンター

〒231-0023 横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル2階

営業時間

9:00~17:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

平成28年度活動実績(4月~6月)

インドセミナー
「インド進出企業の留意すべき租税法務」 ~租税訴訟のリスクを念頭に

棚瀬孝雄 弁護士

※本年2月に開催した棚瀬弁護士によるセミナーです。受講できなかった方のために再度実施しました。

インドの税制度はたいへん複雑であり、政府も税収確保のために外国企業に対して積極的な課税を行っています。とくにPE課税や移転価格税制においては、企業として正当と考える申告をしても、インド税当局が独自の解釈から更正処分をしてくることが頻発しており、多くの外国企業が不服審査や租税訴訟で争うことを余儀なくされています。それゆえ、インドに進出する企業にとって、そのようなインド税当局の姿勢と租税訴訟の可能性を踏まえた租税法務の体制を整えることはたいへん重要です。インドセミナーに参加された方々からも、インドの税法に関するセミナーの要望が数多く寄せられています。そこで本セミナーでは、京都大学及び中央大学の教授を長年務め、ハーバード・ロースクールなどアメリカの一流大学で教鞭を執り、現在インドで移転価格訴訟を手掛けている、インド法務に精通した弁護士に実情に即した詳しい解説をしていただきます。

 

◆日 時:平成28年4月13日(水)午後2時~4時30分(130分受付開始)※途中休憩あり

◆場 所:産業貿易センタービル2階かながわグローバルビジネスセンター商談室
http://www.yokohama-india.or.jp/14437715587298

◆主 催:一般社団法人横浜インドセンター

◆後   援:神奈川県、横浜市経済局、(公財)神奈川産業振興センター、
       (公財)横浜企業経営支援財団、JETRO横浜、横浜商工会議所、
         
(公社)横浜貿易協会

◆講師略歴

棚瀬 孝雄(たなせ たかお)弁護士 棚瀬法律事務所所長

東京大学法学部卒業。京都大学法科大学院教授、ハーバード、ミシガン、カリフォルニア各ロースクール客員教授、中央大学法務研究科教授を経て、2007年に棚瀬法律事務所創設。長期にわたる在外研究、幅広い国際的なネットワークを活かして国際法務を重点領域に。インド法務にも早くから取り組み、合弁事業、販売代理店契約、M&A、移転価格訴訟を日本の親企業、現地子会社の支援として行ってきた。所属弁護士が1名インドの法律事務所に出向中。インド関係のセミナーを過去2年間で4回、税法、労働法、環境法をテーマで行い、インド労働法に関しては学術的な論文も執筆。研究者の頃に比較法的な視点からの契約法、不法行為法、訴訟手続、法理論など著書、論文多数あり。

◆参加者:39名
◆参加費:会員無料、非会員1,000円
◆申込方法:4月11日()までに、申込書フォームにてお申し込みください。

 

インドセミナー
「インドビジネス成功の秘訣を学ぶ」 
         ~インドを知り、インド人の真の姿を理解する

中島敬二氏

元インド住友商事社長、元インド政府アドバイザーなどの経歴を持つ中島敬二氏が、この4月に「インドビジネス40年戦記、13億人市場との付き合い方」という著書を日経BP社より出版しました。一言で難しいと言われるインドビジネスを、40年もの長い間培ってきたビジネス感覚で、成功例と失敗例、日系企業の最新状況、インド事情を取り入れながらお話しいただきます。インド進出をお考えの企業様、すでに進出している企業様のご参加をお待ちしております。

「インド人はなぜ世界企業のCEOになれるのか?」、「インド人はなぜ考え方をころころ変えるのか?」、「インド人を頼れる友人にするには何が大切なのか?」商社マンとして40年間にわたってインドビジネスに関わり、現在はインドに在住して現地で「師」と慕われる著者が、自らの実体験を振り返りながらインドビジネスを成功に導く鉄則について、解説いたします。(日経BP社)

 

【日 時】 平成28年5月18日(水) 14:00~16:00(開場13:30)

【会 場】 産業貿易センタービル2階かながわグローバルビジネスセンター商談室
http://www.yokohama-india.or.jp/14437715587298

【講演項目】

1 大きく変わった最新のインド事情(数字による大変化の実態等)
  ~目に見えるインド(人)と目に見えないインド(人)~
2 体験から得たインド人の真の特性とインド人の付き合い方
3 日系企業のインドビジネスの成功および失敗事例
4 インド日系企業の最新の活躍状況(2016年1月~4月)

【講師略歴】

◇中島敬二氏
昭和19年9月26日生。慶応大学経済学部卒(昭和43年卒)。インド在住(インド滞在期間
19年)Nakajima Consultancy Services 会長、愛味レストラン(2軒)とミサキホテルのオーナー、インド企業5社の社外取締役。多くの日本企業のコンサルタントを務める。元インド住友商事社長、元住友商事・理事広報部長、元クボタリース社長、元立教大学非常勤講師、元インド政府アドバイザー、元デリー日本人学校理事長、元デリー商工会議所会長
インドビジネス40年間経験にて日本での講演多数


【参加数】 52名
     ※受講票はお送りしません。定員オーバーしたときのみご連絡します。

【参加料】 会員無料、非会員1,000円(当日受付にて資料代をお支払いください。)  

【申込方法】 5月16日(月)までに、裏面の参加申込書にご記入の上、FAXまたは
      メールにてお申し込みください。

【主 催】 一般社団法人横浜インドセンター

【後 援】 神奈川県、横浜市経済局、(公財)神奈川産業振興センター、
     (公財)横浜企業経営支援財団、JETRO横浜、横浜商工会議所、
       (公社)横浜貿易協会(予定)

 

インドセミナー
「失敗しない現地オペレーション」 ~実務経験からの留意点

近年、国際取引等において注目されているインドは、製造拠点としてだけでなく消費市場として、また成長戦略の観点からも大いなる可能性を秘めた国であり、新聞紙面等マスコミで取り上げられない日は無いと言っても過言ではありません。しかしこれまでインドに進出した多くの企業が大きな損出を被るといった苦い思い出を語られるのも事実です。
 そこで今回、インドにおけるマネージメント等について、インドの法律に詳しい奥野弁護士と長年、インドで日本企業の進出を支援してきた堀氏のお二人が対話式で、解説いたします。また第2部では、長年インドの日経企業に勤められ、インド人部下と接してこられた大﨑氏より実務面から、ご講演いただきます。

 

◆日 時:平成28年7月1日(金)午後2時~4時30分130分受付開始)※途中休憩あり

◆場 所:産業貿易センタービル2階かながわグローバルビジネスセンター商談室
http://www.yokohama-india.or.jp/14437715587298

◆講演内容:

第1部「失敗しない現地オペレーション」
        
(1)インド ローカル企業と欧米企業のマネージメント
       (2)業務プロセスの管理と監視
     (3)本社との連携、報告
     (4)成功している欧米企業の実例

弁護士法人瓜生・糸賀法律事務所所 奥野剛史弁護士
SKP Business Consulting LLP ビジネスアドバイザリー 堀 政浩氏

         ~休憩(10分間)~

第2部「インド人部下との付き合い方」~インド人部下を通じてインド文化の奥を探る~

前高砂熱学工業インド社社員 マーケティングコンサルタント大﨑 雄二氏

◆主 催:一般社団法人横浜インドセンター

◆後   援:神奈川県、横浜市経済局、(公財)神奈川産業振興センター、
       (公財)横浜企業経営支援財団、JETRO横浜、横浜商工会議所、
         (
公社)横浜貿易協会

◆講師略歴

奥野 剛史氏<現在、弁護士法人瓜生・糸賀法律事務所所属>
2002
年 東京大学法学部卒業。2006年 東京大学法科大学院卒業。2009年 弁護士登録(第一東京弁護士会)。 国内の法律事務所にて主に海外取引の契約実務に携わったのち、2012年より約1年間、インドの大手法律事務所であるFoxMandalCoに外国法顧問として参加し、主にJetroからの日系企業に関する相談案件に従事。その後、インドの準大手法律事務所であるVaish  Associates  Advocatesに出向し、法案段階からインド新会社法を研究。帰国後、北浜法律事務所東京事務所にて勤務を開始し、いくつものインド進出案件に携わる傍ら、2014年度だけで10回以上インド新会社法その他インド関係のセミナーの講師を務める。

堀 政浩氏SKP Business Consulting LLP ビジネスアドバイザリー)
2011年からインド ムンバイに在住。インド不動産事業、物流事業を経て、現在、SKP Group社にて日本企業及び外国投資のインド進出支援。特にマハラシュトラ、グジャラートに進出登記された企業への法務、税務等をサポート。

大﨑 雄二氏マーケティングコンサルタント:インド滞在歴14年)
1975年株式会社トーメン入社、その後豊田通商に転職、同社を定年退職後、同和サーモテック、高砂熱学工業インド社に勤務。本年3月退職し、帰国後、中小企業のインド進出を支援する事業を開始。

◆参加者:39

◆参加費:会員無料、非会員1,000円(当日受付にて資料代をお支払いください)

◆申込方法:6月28日()までに、申込書フォームにてお申し込みください。

 

インドセミナー
「インド商標に関する特許手続きとプロテクション」~実際の最新動向
“Prosecution and Protection of Trade Marks in India”
                    ~Practice and Current Situation

インドは近年、目覚ましい経済発展を遂げており、13億人にも達すると言われる人口規模は、その市場としての魅力や注目度が高まっています。日本からインドへの特許出願件数は年々、急増していますが、インドでの知的財産の実務に対し、十分な知識と経験を持っておられる企業様は少ないのではないでしょうか。例えば、インド特許法では、「インド居住者は事前に特許局の許可を得ていない限り、インド国外に第1国出願し、またはさせてはならない」などさまざまな規定があります。そこで、本セミナーでは知的財産権を専門とし、国内外のクライアントの知的財産権の問題に数多く対処されてきたインド人弁護士から、実例を交え、説明いたします。
※今回のセミナーは英語での講演となります(パワーポイントおよび資料は日本語)

 

◆日 時:平成28年7月28日(木) 13:30~16:30(開場13:00)※途中休憩あり

◆場 所:産業貿易センタービル2階かながわグローバルビジネスセンター商談室
http://www.yokohama-india.or.jp/14437715587298

◆講演内容:

TRIPS協定やパリ条約の加盟国であるインドの知的財産法は、その最小限の用件に従っています。しかしながら、管轄では特許出願手続きに対して特有の課題があります。そのため、本セミナーではユニークな問題や最新の動向を取り上げます。また、現在の法的侵害、偽造、そして裁判所の最新の要求と取り決めに関する法律状況も説明いたします。

◆主 催:一般社団法人横浜インドセンター

◆後   援:神奈川県、横浜市経済局、(公財)神奈川産業振興センター、
       (公財)横浜企業経営支援財団、JETRO横浜、横浜商工会議所、
         (
公社)横浜貿易協会

◆講師略歴

ランジャン・ネギ弁護士シリアル アマーチャンド マンガーダス法律事務所パートナー
同法律事務所の知的財産権業務の主任。国内外のクライアントへ商標、トレードレス、ネーム、グッドウィル、著作権、デザイン及びインターネットとテクノロジーを含む知的財産権の問題に対応。様々な産業のブランド構築、トレードマーク手続き並びに特許手続きへの幅広い経験を有するとともに、インドの特許庁や裁判所への訴訟前の対立、取り消し問題などに数多く対応。オンラインの侵害やインターネットプロバイダー責任法、キーワード広告、個人情報とデータのプロテクション、知的財産の方針に関する認識を促す教育に力を入れており、また国立デリ大学にて商標とコピーライトについて指導。ジェトロの様々な知的財産権を含む広告など編集構成に貢献。
経歴: LL.B
専門分野:商標、著作隣接権、デザイン、情報通信技術法、知的財産権訴訟 等
所属団体等:INTA,APAA,FICPI

◆参加者:26

◆参加費:会員無料、非会員1,000円(当日受付にて資料代をお支払いください)

◆申込方法:7月25日(月)までに参加申込書にご記入の上、FAXまたはメールにて
      お申し込みください。

 

関東大震災被災者・在横浜インド人被災者追悼式

2016年9月1日、関東大震災被災者・在横浜インド人被災者追悼式が山下公園のインド水塔で行われました。今年はお天気に恵まれ、インド大使館公使のMr Avnish Kumar、横浜市の関山国際局長をはじめ、たくさんの方々から献花されました。

震災により被害に見舞われた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

※インド水塔とは、1923年(大正12年)に起きた関東大震災で被災した在留インド人が横浜市民から受けた援助に感謝して、当時の横浜インド商組合から横浜市に1939年(昭和14年)寄贈されたものです。

インドセミナー
「インド企業との合弁契約における留意点」~最新のインド法規制を踏まえて

インド進出にあたっては、他のアジア諸国と同様に、単独進出とインド企業との合弁があります。合弁は、工場等の設備提供、営業網等の顧客層、人事面を含めた運営をインド企業側に期待することができる反面、単独進出と異なり、進出時にインド企業と取り決める各種合弁契約が必要になります。合弁契約は進出時の枠組み・進出後の運営・撤退時の手当てを含めた、包括的な契約になりますので、内容も長く複雑になります。このように合弁契約は、インド企業との取り決めの根幹をなす最も重要なものであり、インド特有の法規制を理解したうえで、各種の取り決めをする必要があります。しかしながら実際には、必ずしも十分にインドの規制を理解・反映した内容になっておらず、意図せずして不利な条件になっているものも見られます。そこで今回、インドの法律に精通し、数多くの日系企業のインド進出をサポートしてこられた弁護士より、合弁契約の規定を設計する上でのポイントを、最新のインド法規制(会社法、外資規制等)を踏まえて解説していただきます。
 インド進出をお考えの企業様のご参加をお待ちしています。

 

 

◆日 時:平成28年9月7日(水)午後2時~4時30分130分受付開始)※途中休憩あり

◆場 所:産業貿易センタービル2階かながわグローバルビジネスセンター商談室
http://www.yokohama-india.or.jp/14437715587298

◆講演内容:

 1.    合弁会社を組成する方法
 2.   合弁契約と定款
 3.   非公開会社か公開会社か
 4.   出資比率に関する論点
 5.   競業禁止義務
 6.   取締役会
 7.   株主総会
 8.    運営面におけるその他の論点
 9.    資金調達
10.   株式譲渡
11.   合弁契約終了を見据えた規定の作り方
12.   準拠法・裁判管轄
13.  合弁契約に付随して締結する契約

◆主 催:一般社団法人横浜インドセンター

◆後援(予定):神奈川県、横浜市経済局、(公財)神奈川産業振興センター、
       (公財)横浜企業経営支援財団、JETRO横浜、横浜商工会議所、
         (
公社)横浜貿易協会

◆講師略歴

弁護士 播摩 洋平氏 <現在、シティユーワ法律事務所所属>

2002年 三菱商事株式会社(法務部)
2005年 弁護士登録(第一東京弁護士会)シティユーワ法律事務所入所
2012年 ヴァンダービルト大学ロースクール(LLM終了)
2012年 インド法律事務所で研修
現在、アジア法務全般を取り扱っている。

【主な論文】
「インド新会社法の概略について(上・下)」(国際商事法務2014年2月号・3月号)
「インド新会社法の施行及び施行令の概略について」(国際商事法務2014年6月号)

 

◆参加者:28名

◆参加費:会員無料、非会員1,000円(当日受付にて資料代をお支払いください)

◆申込方法:9月5日(月)までに、申込書フォームにてお申し込みください。
※定員になり次第、早期に受付を終了する場合があります。ご了承ください。

 

インドセミナー
「インドの人材市場とコア人材確保の留意点」

早瀬 恭 氏

13億人を超える人口と高い経済成長率から新たな市場として注目を集めているインドには、モディ首相による外資企業の誘致拡大を背景に、既に1,200社を超える日本企業が進出しています。また「インドには優秀な人材が多い」ともよく言われますが、この点もインドが今、世界から注目されている理由の一つと考えます。既にインド出身の人材は世界で活躍しており、十分に能力のあることは証明済みです。世界で活躍しうるこのようなインド人の力を日本企業にも活用していくことは、より積極的に今後の海外市場を開拓していく上で非常に有効です。
 そこで今回のセミナーでは、インド現地で活躍する日本人の専門家をお招きし、インドでの事業展開に際して人材戦略(採用・育成)を進めるに当たっての留意しておくべき法制度や慣行などについて、具体的な事例を用いて解説いたします。

 

【日 時】 平成28年9月14日(水)14:00~16:00 (開場13:30)

【会 場】 産業貿易センタービル2階かながわグローバルビジネスセンター商談室
http://www.yokohama-india.or.jp/14437715587298

【講演内容】

(1)  インドの労働市場に関する諸事情
(2)  選考における留意点(ケーススタディ)
(3)  雇用に伴うリスク(定着化の観点)
(4)  その他

【講師略歴】

早瀬 恭(はやせ きょう)氏<JAC Recruitment India Managing Director>

一貫して人材業界で経験を積む。東京・大阪・京都での勤務経験があり、国内マーケット、特に製造業界における知見は広い。
これまで200社以上の採用課題解決をサポートし、年間受賞歴(社内)も有する。
シンガポール赴任を経て、2014年より現職。インドにてハンズオンで行った立ち上げから運営までの経験をもとに、日系企業への採用課題解決サポートを行う。

【参加者】 28名

【参加料 】 会員無料、非会員1,000円(当日受付にて資料代をお支払いください。)  

【申込方法】 9月13日(火)までに、裏面の参加申込書にご記入の上、FAXまたはメールにて
      お申し込みください。

【主 催】 一般社団法人横浜インドセンター

【後 援】 神奈川県、横浜市経済局、(公財)神奈川産業振興センター、
     (公財)横浜企業経営支援財団、JETRO横浜、横浜商工会議所、
       (公社)横浜貿易協会(予定)

 

在日インド商工協会(ICIJ)横浜インドセンター共催  Study of India(第1回)
「ボリウッド女優 板倉リサ が語る“ビギナーズのためのボリウッド”講座」

板倉リサ 氏

日本でもひそかにブームを巻き起こしたボリウッド映画。インドは、映画の年間制作本数、観客総数、ともに世界一と言われています。その作品の多くが、3時間前後の大作であることもさることながら、やはり特徴的なダンスやアクション抜きでは、ボリウッド映画語れないと言っても過言ではないでしょう。
 このたび横浜インドセンターでは、インドの文化をみなさまにもっと知ってほしいとの思いから、在日インド商工協会(ICIJ)のご協力を得て、9月からシリーズでStudy of  India (全3回)を開催することにいたしました。(第2回は第3回はヨガを予定しています)
 第1回は、ボリウッド女優・ダンスアーティストとして世界でご活躍中の板倉リサ氏をお迎えして、ボリウッド映画とダンスの魅力について紹介していただきます。前半は着席スタイルで、主演映画やテレビなどの「映像」を中心としたレクチャー、後半ボリウッドダンスの振付を伝授していただきます。この機会にぜひ、ボリウッド映画とダンスの魅力に触れてみませんか。

 

【日 時】 平成28年9月21日(水)午後2時~4時30分 
【会 場】 神奈川県横浜市中区山下町24-2 メゾン デュ オーラ・山下町2階
        在日インド商工協会ホール (横浜産業貿易センタービルより徒歩1分)

【講演テーマ及び講演者】

「ボリウッド女優板倉リサが語る“ビギナーズのためのボリウッド”講座」
   板倉リサ

【講師プロフィール】

板倉リサボリウッド(インド映画)女優・ダンスアーティスト。
大学在学中、ミス日本、ミスアジアのタイトルを受賞。2歳半よりモダンバレエを始め、ジャニーズミュージカルでプロデビュー。宮本亜門演出のミュージカル「サウンドオブミュージック」で帝国劇場デビュー後、数々の舞台に出演。2006年秋、インド映画・ボリウッドのヒロインとしてスカウトされ転向。横浜開港150周年記念に日本人エキストラを募集して横浜でロケされた劇中メインナンバー「 Nachlo Nachlo 」が、第6回国際ダンス映像祭にボリウッドとして初入選の快挙達成。また“祈りのダンスアート”を テーマとした自身の振り付けでオリジナルダンス「光の舞」を世界発信。NY国連本部ハマー ショルドオーディトリアム等で同作品発表。日印友好記念年にはムンバイフェスティバル2008日本代表として招かれ、ゲート オブ インディアでのオープニングスピーチとともにソロ 「Sakura Sakura」を披露。その他、女性が輝くプロジェクトの講師や、自身のボリウッドナンバーで舞台のバックダンサーを養成するワークショップを開催中。ディワリインヨコハマのステージでも毎年トリを務めている。

 

【参加者】 30名     

【参加費用 】 1,000円(参加者の交流を図るためのティータイムがあります)  

【申込方法】 9月16日(金)までに、裏面の参加申込書にご記入の上、FAXまたはメールにて
      お申し込みください。

【主 催】 一般社団法人横浜インドセンター

【後 援】 神奈川県、横浜市経済局、(公財)神奈川産業振興センター、
     (公財)横浜企業経営支援財団、JETRO横浜、横浜商工会議所、
       (公社)横浜貿易協会(予定)

 

インドセミナー & ネットワーキング
 印日商工会議所(インド・チェンナイ)訪日団来浜

インド南部に位置するタミル・ナドゥ州は、日産自動車をはじめ自動車関連企業を中心として日系企業が多数進出しています。また神奈川県と同州は平成26年に経済交流促進に関する覚書を締結し、交流を進めてきました。
このたびタミル・ナドゥ州チェンナイ市に本部を置く印日商工会議所(INDO-JAPAN CHAMBER of COMMERCE&INDUSTRY)のKumar会長を団長とする代表団が来浜の運びとなりました。
つきましてはインド経済セミナー、ネットワーキングを次のとおり開催いたします。
インドのビジネス事情やインド企業をご自身の目で確かめていただく絶好の機会となりますので、インドに関心のある企業様のご出席をお待ちしています。

 

 

◆日 時:平成28年9月28日(水)午後13時~151230分開場)

◆場 所:横浜メディア・ビジネスセンター7階 横浜企業経営支援財団 大会議室
http://www.idec.or.jp/map.php​

◆プログラム:

1 インド経済セミナー  13:0014:00
・インド企業のプレゼンテーション他 (日本語通訳あり)

2 ネットワーキング   14:0015:00

 

◆参加者:64名

◆参加費:会員、非会員を問わず無料

◆申込方法:9月21日(水)までに、申込書フォームにてお申し込みください。
※定員になり次第、早期に受付を終了する場合があります。ご了承ください。

◆主 催:(公財)横浜企業経営支援財団、一般社団法人横浜インドセンター

◆共 催:神奈川県

◆後   援:横浜市経済局、(公財)神奈川産業振興センター、
        JETRO横浜、横浜商工会議所、  (
公社)横浜貿易協会

 

 横浜インドセンター

お問合せはお気軽に

インドビジネスに関しての
お問合せはこちらからどうぞ

お客さまの声

親身に対応してくれた

(写真はイメージです)
ビジネス相談会に参加のI
「ロイヤリティ契約に関する疑問点がすべてクリアになりました」

有意義なセミナーでした

(写真はイメージです)
インドセミナーに参加のK様
「わかりやすい解説なので、インドビジネスの具体的なイメージが持てました」


一般社団法人横浜インドセンター

住所

〒231-0023
横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル
2階 かながわグローバルビジネスセンター内